SENSI(センシ)

若き鋳型技術者Mr.LorenzoSensi。
経済と市況の影響を受け、ポリウレタン系材料は突如として彼の手元に、一切届かなくなった。
唯一入手できるのは、誰もが重たいと敬遠していたPVC(polyvinyl chlorideポリ塩化ビニル)。
研究熱心な彼は何とか軽量化する施策は無いかと、日々研究を重ね、中空にすることを考察。
更に二層・張り合わせにすることで、弾力性と耐久力、その上、通気性と排水性にも富むことを考案しSandalの商品化に成功。
逆境の中で考案された機能に留まらず、デザインとカラーリングをも融合させ、 1962年、SENSI sandalはデビューしました。
Mr.LorenzoSensiは、現在もSENSI & Cs.rl.社の代表であり、 技術者であり、Sensi sandalの父です。
本国イタリアの教科書に載っている写真、 オリンピックに於けるナショナルチームへのオフィシャル採用、 プレミアムブランドのOEM、軍御用達シャワーサンダル、 様々な人たちに長く愛用される理由があります。